トラック・重機買取|川崎市高津区 買取価格をグッと上げる高額売却の秘訣とは?

川崎市高津区でトラック・重機・バスなどの商用車を少しでも高額で売るなら売却先選びが重要です。商用車は買取相場が曖昧で買い取る業者によって買取価格に大きく差が出る傾向があります。

もしあなたが、トラック・重機・バスなどを高額で売りたいと考えるなら高く買取してくれる買取業者を選ぶ事が買取価格をグッと上げるコツです。

このサイトでは、トラックなどの商用車を高価買取してくれる優良なトラック買取業者を厳選して3社ご紹介していますので、まずは無料査定で買取価格を調べてみましょう。

神奈川県川崎市高津区

川崎市の中央に位置する高津区は、多摩川に隣接しており多摩川の向こう岸は二子玉川です。区の南部・西部には多摩丘陵があることから、夏は暑く冬は寒いという特徴ある気候となっています。住宅地が多いことから人口は約23万人と川崎区とほぼ同じです。

多摩川周辺の低地には多くの工場があり、下野毛地区にはキャノン・富士通ゼネラル・NECプラットフォームズなどの機械工場や、クノール食品などの食品工場もあります。

中でも、富士通ゼネラルは研究開発所をこの高津区に構えているほか、精密測定機器のメーカーとして世界的にも知られているミツトヨは、高津区の坂戸に本社を置くとともに、博物館も併設してその高度な技術を一般公開しています。

高津区には、溝の口駅と武蔵溝ノ口駅の2駅がありますが、このうち武蔵溝ノ口駅の南西に広がる多摩丘陵には、「久本山」という愛称で呼ばれる丘があります。この久本山は、それほど規模が大きくありませんが畑や梅林・竹林などの緑が広がっており、季節になると野鳥が巣を作ったりします。

再開発や都市開発が進む川崎市の中で、高津区では消えゆく緑を残して里山的環境を整えようと様々な活動を行っています。例えば、高津区市民健康の森(通称:たちばなふれあいの森)では、川崎市が土地の保全を行う一方、地域住民がその維持管理を担っています。森の手入れの際に切った木や枝を使って木工教室を実施したり、蛍がすめる環境を整えるなど様々な活動を行っています。