ラフタークレーン買取 神奈川県|高価買取の業者2選はココ

神奈川県内でラフタークレーンをはじめとするクレーンの売却に関して以下のような内容でお困りですか?

  • 少しでも高額で売却したい
  • 高く買取してくれる買取店を知らない
  • クレーンを急いで現金化したい
  • クレーンの買い替えの予定がある
  • アームが折れてしまったような故障しているクレーンの処分で困っている

ラフタークレーンなどのクレーンは高額で、売却時の金額も非常に高額になります。そのため買取してもらう買取店ごとに買取価格に大きく差が出る可能性があります。高額なクレーンを売却するなら「少しでも高額で売却したい!」と思うのはみなさん同じことです。

神奈川県内でクレーンなどの荷役機械を売却する選択肢はイロイロありますが、ラフタークレーンなどの高価買取が期待できる買取専門業者を厳選して2社ご紹介しますので無料のオンライン査定を受けてみて、その買取店があなたのラフタークレーンをいくらで買取してくれるか確認してみましょう。

ラフタークレーンを高価買取!トラック王国

トラック王国はトラック・重機・バス・フォークリフト・各種クレーンなどの買取を行っている買取専門の業者です。当サイトが神奈川県でラフタークレーン売却する方にトラック王国をおすすめする理由は日本国内・海外に幅広い自社独自の販売網を持っており、その販売網をフル活用してあなたのラフタークレーンを高価買取してくれる可能性が非常に高いです。
もう一点、トラック王国は国内4カ所で自社展示場を展開しており神奈川県相模原市にも神奈川展示場があり買取した車両の一部を中間業者を挟むことなく直接エンドユーザーに販売しています。そのため中間業者を挟んで再販する業者に比べて高価買取が期待できます。

最大5社があなたのラフタークレーンを査定!トラック一括査定王

次にご紹介するのはトラック一括査定王という商用車の一括査定サービスです。トラック一括査定王をおすすめする理由は一社だけでなく あなたのラフタークレーンを高価買取してくれる可能性が高い買取店をトラック一括査定王側でマッチングしてくれ最大5社に一括してさて依頼してくれる点です。
複数社の査定額を比較することができ、あなたは一番条件のいい買取店を選ぶだけでいいのでかなり高い確率で高額売却できます。さらにあなたが選んだ買取店以外の残りの買取店にはトラック一括査定王側でお断りの代行をしてくれるので安心です。

あなたのクレーンが故障していてもトラック王国なら高価買取

ラフタークレーンの売却を考える理由はみなさん様々だと思います。中にはクレーンが故障してしまい高額な修理費用がかかるので売却する方もいらっしゃると思います。

普通ならそんな故障してしまったクレーンを買取に出しても安く買い叩かれてしまうでしょう。

しかし世界中の新興国に強いパイプを持つトラック王国なら故障しているクレーンでも高価買取が期待できます。

トラック王国が故障しているクレーンでも高価買取りできる理由

先程も申し上げましたがトラック王国は海外の100を超える多くの地域に自社独自の販路を保有しています。

人件費の安い海外では故障したクレーンなどを安価に修理することができ、新しいクレーンを購入するより修理して再使用する方がコストがかからないので故障しているクレーンでも需要が高いようです。

トラック王国では日本国内で買取したクレーンなどの荷役機械や建設機械などを海外の新興国に輸出することで国内で再使用が難しいクレーンなどでも高価買取を可能にしています。

ラフタークレーンとは

ラフタークレーンは、「ラフテレーンクレーン」とも呼ばれ、数あるクレーン車の一種である。四輪操舵の構造によって小回りが利くように設計され、走行とクレーン操作の原動力には、積載した同一のエンジンを用いる。また、運転席とクレーン操縦席が一体となっているため、かなり使い勝手の良い移動式クレーンとなっている。

ラフタークレーンの長所・短所

前述の通り、ラフタークレーンの最大の長所は、「自走できる」ということである。他の大型クレーンと違い、ナンバープレートを取得して公道を走ることができるので、積載用のトラックなどを手配する必要がなく、使い勝手に優れる。また、他のクレーンと比べても自走できる分小型であるため、狭い工事現場や整地されていない荒地などでの作業に向いている。加えて、現場でのブームなどの組み立てを必要とせず、設置と撤退において優位である。
しかし、小型であることは、同時にしばしば能力の不足が伴う。例えば、「クローラークレーン」と呼ばれる、クローラー(履帯)を装備した大型のクレーンは、一般的に55トンもの吊り上げ能力を持っているのに対し、ラフタークレーンは20トン程度の吊り上げ能力のものが多く普及している。そして、ブームの重量があるため、基本的に車両と同程度の重量のその他トラックなどよりもエンジン出力が抑えられており、上り坂などを走る際には苦労することも多い。さらにその構造上、高速度からの急ブレーキによって、前に突き出したブームが地面に接触する恐れがあるため、多くのメーカーのものは、時速50キロメートル以上のスピードを出せないようになっている。これは、必然的に高速道路での走行が不可能であることを意味する(道路の法定最低速度を下回るため)。一方、クローラークレーンなどの自走できないタイプのクレーンは、分解してトラックなどに積載して運搬するため、現場間の移動に高速道路を利用することができる。長距離の移動においては、自走式のクレーン車はかえって欠点が目立ってしまうこともある。

ラフタークレーン運転のための免許・資格

ラフタークレーンを運転したり、クレーンの操作には様々な免許が必要です。以下にラフタークレーンおよび操作に必要な免許・資格をまとめました。

  • ラフタークレーンの運転及びクレーン操作には、特殊な免許や資格が必要となる。
  • 吊り上げ能力が1トン未満のものの運転・操作には、「小型移動式クレーンの業務に係る特別教育」の修了が必要である。
  • 吊り上げ能力が1トン以上5トン未満のものについては、「小型移動式クレーン運転技能講習」の修了が必要である。
  • いずれの規格のラフタークレーンであっても、公道での走行には、「大型特殊免許」が別途で必要になる。
2018年7月26日 ラフタークレーン買取 神奈川県|高価買取の業者2選はココ はコメントを受け付けていません。 重機の買取