トラック・重機買取|川崎市中原区 買取価格をグッと上げる高額売却の秘訣とは?

神奈川県川崎市中原区のトラック買取川崎市中原区でトラック・重機・バスなどの商用車を少しでも高額で売るなら売却先選びが重要です。商用車は買取相場が曖昧で買い取る業者によって買取価格に大きく差が出る傾向があります。

もしあなたが、トラック・重機・バスなどを高額で売りたいと考えるなら高く買取してくれる買取業者を選ぶ事が買取価格をグッと上げるコツです。

このサイトでは、トラックなどの商用車を高価買取してくれる優良なトラック買取業者を厳選して3社ご紹介していますので、まずは無料査定で買取価格を調べてみましょう。

神奈川県川崎市中原区について

川崎市のほぼ中央に位置する中原区は、面積は小さいながらも人口は25万人以上と、川崎市7行政区の中で最も人口が多いです。都心部や横浜へのアクセスが良好であることから、武蔵小杉駅を中心に高層ビル群が立ち並ぶようになり、多くの人達がこの武蔵小杉周辺に住むようになりました。

武蔵小杉駅における1日の平均乗車人員は、2016年の時点でJRが約13万人、東横線・目黒線が合わせて約23万人となっており、駅全体では約36万人が利用しており、現在も増加傾向にあります。

武蔵小杉駅を中心に高層ビル群が立ち並んでおり、それらのビルには大手企業が集結しています。中には、本社や研究所などもあり事業所数・従業員数ともに川崎区に次いで区内第2位となっています。

先端企業が密集している中原区ですが、下小田中地区ではパンジー生産が盛んで、県内でも有数のパンジー生産量を誇っています。その品質も良いことからこの地区で栽培されたパンジーは、かわさき農産物ブランド「かわさきそだち」として認定されています。このような経緯があり、パンジーは1998年には中原区の花として制定されています。

主な観光地としては、Jリーグの川崎フロンターレの本拠地として利用されている「等々力陸上競技場」があり、川崎フロンターレの試合も多く開催されています。これまで最も多くのサポーターが訪れたのは、2016年6月に開催された大宮アルディージャとの優勝決定戦であり、このとき26,612人が等々力競技場に集まりました。