トラック・重機買取 川崎市 驚くほど高額で売却する方法とは?

神奈川県川崎市のトラック・重機買取

もしかして、今あなたは以下のようなことでお悩みではないですか?

  • ディーラーの下取価格にガッカリ!
  • トラック・重機・バスを少しでも高く売りたい!
  • どこで売れば高額で売れるか分からない
  • 高く売って新車の購入資金に充てたい
  • 近くに買取店がなく売却先で困っている

もし、あなたが以上のようなことでお悩みのようでしたら当サイトはきっとあなたのお役にたてるはずです。貴重なあなたの時間を少しだけいただいて、このまま読み進めていただけないでしょうか?

トラック・重機・バスを高く売るためには売却先をしっかり選ぼう!

トラック・重機・バスなどの商用車の場合、様々な形状があり形状ごとに用途も異なります。そのため普通車と違って買取相場が確立されていません。

そういったことが理由で再販ルートをあまり保有していないディーラーなどでは自社が損をしない安全な価格でしか買取することができません。

高く売るためには、多くの再販ルートを保有している買取実績に優れた専門の買取業者を選ぶ必要があります。

トラック買取業者をおすすめする理由

「トラック買取業者」と聞くとあまりいい印象を持っていない方もいらっしゃると思います。確かにトラック買取業者の中にはしつこい営業電話をしてくるような迷惑な業者もいまだに存在していることは事実です。

しかし、トラック買取業者の中には日々お客様満足度向上のために努力している優良な業者もあります。当サイトでは以下の基準で厳選してトラック買取業者をご紹介しています。

そして何よりトラック買取業者を利用することはあなたにとってメリットがたくさんあるんです!当サイトがトラック買取業者をおすすめする理由は以下の通りです

  • トラック・重機・バスを高価買取
  • 出張査定・買取は完全無料
  • 面倒な書類手続きも無料で代行
  • 車両の引取りも無料で代行
  • ディーラーで買取不能な低年式・過走行・事故車・不動車・故障車も買取可能

おすすめ業者 川崎市の買取可能エリア

当サイトが自信を持っておすすめする、高価買取のトラック買取業者は川崎市全域の以下の地域で無料査定・無料出張買取が利用できます。

神奈川県川崎市
川崎市川崎区川崎市幸区川崎市中原区川崎市高津区川崎市多摩区川崎市宮前区川崎市麻生区

神奈川県川崎市について

現在、人口約150万人を抱える、神奈川県最東部の多摩川下流域に位置をしている、同県内で2番目に大きい巨大都市になります。

多摩川下流部分を挟んで直ぐ隣に、東京都心部や調布市に接しているようなせいもあって、東京都側と神奈川県の県庁所在地がある南部側に隣接をしている横浜市側との人・物・お金・サービスなどの行き来や交流などが活発な場所でもありますので、関東圏域での経済活動の中心地の1つにもなっています。

そして、やはり川崎市と言えば、多摩川下流域近辺にある古い歴史のある重工業団地などもありますが、中でも多くの大手鉄工事業者(川崎重工業等)の大工場などが多く、存在しているところでも有名な場所でもあります。

これは京急空港線などに乗車している際に、多くの方がガラス窓越しに電車内から見られた方も少なくないかもしれませんが、その製鉄工場の光景などは大変有名です。

トラック・重機買取|川崎市麻生区 買取価格をグッと上げる高額売却の秘訣とは?

神奈川県川崎市麻生区のトラック買取

川崎市麻生区でトラック・重機・バスなどの商用車を少しでも高額で売るなら売却先選びが重要です。商用車は買取相場が曖昧で買い取る業者によって買取価格に大きく差が出る傾向があります。

もしあなたが、トラック・重機・バスなどを高額で売りたいと考えるなら高く買取してくれる買取業者を選ぶ事が買取価格をグッと上げるコツです。

このサイトでは、トラックなどの商用車を高価買取してくれる優良なトラック買取業者を厳選して3社ご紹介していますので、まずは無料査定で買取価格を調べてみましょう。

神奈川県川崎市麻生区について

麻生区(あさおく)は、1982年に多摩区から分区して誕生した、人口約18万人の区です。川崎市7区の中で南北端に位置し、その一部は多摩丘陵の中にあるほか、川崎市内で最も標高が高い地点もこの麻生区内に存在しています。

江戸時代から戦前にかけてこの地域の人達から愛された「禅寺丸柿」は、鎌倉時代に区内にある王禅寺の柿木から発見されたとして、現在でも王禅寺には禅寺丸柿の原木があります。

麻生区の中心駅は「新百合ヶ丘駅」で、京王・小田急・JR武蔵野線が乗り入れしているほか、リニア中央新幹線が区内の地下を通過する予定となっています。駅の北側には区役所や市民館・図書館など区民が利用できる公共施設があり、南側には百合ヶ丘エルミロードと呼ばれる大型ショッピングモールがあり、区内の中心商業施設となっています。

麻生区は商業が中心の区ですが、全体の約4分の1は緑が覆われておりそのエリアでは現在でも農業が営まれています。特に黒川地域では明治大学と川崎市連携して、黒川地域の魅力ある自然環境を生かした地域活性化活動などを進めるなど、麻生区・川崎市全体でこの豊かな自然を守る運動を行っています。

区内には、市が運営する「ヨネッティー王禅寺」があります。この施設は、ごみ処理場の廃熱を利用した室内温水プールを中心に、トレーニングルームやレクリエーションルーム、お風呂、サウナ、レストランなど区民の憩いの場として利用されています。なお、温水プールは大人が1時間300円、子供が1時間110円で利用することができます。

トラック・重機買取|川崎市宮前区 買取価格をグッと上げる高額売却の秘訣とは?

川崎市宮前区でトラック・重機・バスなどの商用車を少しでも高額で売るなら売却先選びが重要です。商用車は買取相場が曖昧で買い取る業者によって買取価格に大きく差が出る傾向があります。

もしあなたが、トラック・重機・バスなどを高額で売りたいと考えるなら高く買取してくれる買取業者を選ぶ事が買取価格をグッと上げるコツです。

このサイトでは、トラックなどの商用車を高価買取してくれる優良なトラック買取業者を厳選して3社ご紹介していますので、まずは無料査定で買取価格を調べてみましょう。

神奈川県川崎市宮前区について

多摩丘陵の中に位置しており、起伏とんだ地形の中にある人口約23万人の区です。坂がとても多く、平地は一部のみとなっています。そのため、他の区のように企業の工場や事業所などはなく、その多くが住宅地であり東京都内へのアクセスが良いことからベッドタウンのイメージが大きいです。

しかし、人口約23万人の宮前区には小学校・中学校は多いものの高校は1校のみとなっており、その多くは区外の高校へと進学しています。

宮前区の商業の中心は、区内唯一の駅である鷺沼駅(さぎぬまえき)周辺で、「フレルさぎ沼」と呼ばれる4階建てのショッピングセンターがあります。ショッピングセンターにはスーパーや衣料品店、書店などが入っており、宮前区民が多く利用しています。

また、2002年に閉鎖された鷺沼プールの跡地には「カッパーク鷺沼」と呼ばれる4つのゾーン(教育ゾーン・広場&公園ゾーン・運動施設ゾーン・福祉ゾーン)に分け、それぞれのゾーンに沿った施設を建設しました。教育ゾーンには土橋小学校を建設し、広場&公園ゾーンには鷺沼ふれあい広場を、運動施設ゾーンには川崎フロンターレが運営する「フロンタウンさぎぬま」を設置し、さらに福祉ゾーンにはさぎ沼なごみ保育園を作りました。

このうち、市立土橋小学校のグラウンドは、天然芝が張られたグランドが特徴となっています。

宮前区の特徴である様々な坂道を多くの人に知ってもらおうと、区では「みやまえ坂道ウォーク」という冊子を配布するなど、区の魅力を様々な形で伝えています。

トラック・重機買取|川崎市多摩区 買取価格をグッと上げる高額売却の秘訣とは?

川崎市多摩区でトラック・重機・バスなどの商用車を少しでも高額で売るなら売却先選びが重要です。商用車は買取相場が曖昧で買い取る業者によって買取価格に大きく差が出る傾向があります。

もしあなたが、トラック・重機・バスなどを高額で売りたいと考えるなら高く買取してくれる買取業者を選ぶ事が買取価格をグッと上げるコツです。

このサイトでは、トラックなどの商用車を高価買取してくれる優良なトラック買取業者を厳選して3社ご紹介していますので、まずは無料査定で買取価格を調べてみましょう。

神奈川県川崎市多摩区について

川崎市の北部に位置する多摩区は、東京都調布市・稲城市・狛江市・世田谷区に隣接する区で、新宿や渋谷へのアクセスが良好なことから東京方面との商業的つながりのほうが大きいです。

多摩川に隣接しているため平地もあり、そこを利用して電気・粘着テープメーカーの工場や情報センターなどがあります。以前は、さらにガラスメーカーや繊維メーカーなどの工場もありましたが、現在は移転もしくは閉鎖されています。

多摩区には、高尾山麓の西側に位置する多摩丘陵と多摩川が接する場所がありますが、その東の一角に「生田緑地」と呼ばれる市内で最大規模の都市公園があります。

生田緑地には、D51型の蒸気機関車や座席型客車が展示・保存されているほか、広大な自然を生かしたグリーンアドベンチャーコースや、野鳥の森、つつじ山、ホタルの里など、様々な広場や散策箇所があります。

また、生田緑地内には「川崎市丘もの太郎美術館」があり、岡本太郎が川崎市に寄贈した作品1779点が展示・保存されています。敷地内には、この美術館のシンボルタワーでもある「母の塔」があり、丘もの太郎はこの作品を製作する際、「大地に深く根ざした巨木のたくましさ」・「豊かでふくよかな母の優しさ」・「天空に向かって燃えさかる永遠の生命」という3つのテーマのもとで製作をしました。

その他にも、「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」もあり、館内には藤子・F・不二雄の妻である藤本正子さんから川崎市に寄贈された、ドラえもんなどの漫画原画約5万点が展示されています。

このように多摩区には、豊かな自然と芸術を楽しむことができます。

 

トラック・重機買取|川崎市高津区 買取価格をグッと上げる高額売却の秘訣とは?

川崎市高津区でトラック・重機・バスなどの商用車を少しでも高額で売るなら売却先選びが重要です。商用車は買取相場が曖昧で買い取る業者によって買取価格に大きく差が出る傾向があります。

もしあなたが、トラック・重機・バスなどを高額で売りたいと考えるなら高く買取してくれる買取業者を選ぶ事が買取価格をグッと上げるコツです。

このサイトでは、トラックなどの商用車を高価買取してくれる優良なトラック買取業者を厳選して3社ご紹介していますので、まずは無料査定で買取価格を調べてみましょう。

神奈川県川崎市高津区

川崎市の中央に位置する高津区は、多摩川に隣接しており多摩川の向こう岸は二子玉川です。区の南部・西部には多摩丘陵があることから、夏は暑く冬は寒いという特徴ある気候となっています。住宅地が多いことから人口は約23万人と川崎区とほぼ同じです。

多摩川周辺の低地には多くの工場があり、下野毛地区にはキャノン・富士通ゼネラル・NECプラットフォームズなどの機械工場や、クノール食品などの食品工場もあります。

中でも、富士通ゼネラルは研究開発所をこの高津区に構えているほか、精密測定機器のメーカーとして世界的にも知られているミツトヨは、高津区の坂戸に本社を置くとともに、博物館も併設してその高度な技術を一般公開しています。

高津区には、溝の口駅と武蔵溝ノ口駅の2駅がありますが、このうち武蔵溝ノ口駅の南西に広がる多摩丘陵には、「久本山」という愛称で呼ばれる丘があります。この久本山は、それほど規模が大きくありませんが畑や梅林・竹林などの緑が広がっており、季節になると野鳥が巣を作ったりします。

再開発や都市開発が進む川崎市の中で、高津区では消えゆく緑を残して里山的環境を整えようと様々な活動を行っています。例えば、高津区市民健康の森(通称:たちばなふれあいの森)では、川崎市が土地の保全を行う一方、地域住民がその維持管理を担っています。森の手入れの際に切った木や枝を使って木工教室を実施したり、蛍がすめる環境を整えるなど様々な活動を行っています。

 

トラック・重機買取|川崎市中原区 買取価格をグッと上げる高額売却の秘訣とは?

神奈川県川崎市中原区のトラック買取川崎市中原区でトラック・重機・バスなどの商用車を少しでも高額で売るなら売却先選びが重要です。商用車は買取相場が曖昧で買い取る業者によって買取価格に大きく差が出る傾向があります。

もしあなたが、トラック・重機・バスなどを高額で売りたいと考えるなら高く買取してくれる買取業者を選ぶ事が買取価格をグッと上げるコツです。

このサイトでは、トラックなどの商用車を高価買取してくれる優良なトラック買取業者を厳選して3社ご紹介していますので、まずは無料査定で買取価格を調べてみましょう。

神奈川県川崎市中原区について

川崎市のほぼ中央に位置する中原区は、面積は小さいながらも人口は25万人以上と、川崎市7行政区の中で最も人口が多いです。都心部や横浜へのアクセスが良好であることから、武蔵小杉駅を中心に高層ビル群が立ち並ぶようになり、多くの人達がこの武蔵小杉周辺に住むようになりました。

武蔵小杉駅における1日の平均乗車人員は、2016年の時点でJRが約13万人、東横線・目黒線が合わせて約23万人となっており、駅全体では約36万人が利用しており、現在も増加傾向にあります。

武蔵小杉駅を中心に高層ビル群が立ち並んでおり、それらのビルには大手企業が集結しています。中には、本社や研究所などもあり事業所数・従業員数ともに川崎区に次いで区内第2位となっています。

先端企業が密集している中原区ですが、下小田中地区ではパンジー生産が盛んで、県内でも有数のパンジー生産量を誇っています。その品質も良いことからこの地区で栽培されたパンジーは、かわさき農産物ブランド「かわさきそだち」として認定されています。このような経緯があり、パンジーは1998年には中原区の花として制定されています。

主な観光地としては、Jリーグの川崎フロンターレの本拠地として利用されている「等々力陸上競技場」があり、川崎フロンターレの試合も多く開催されています。これまで最も多くのサポーターが訪れたのは、2016年6月に開催された大宮アルディージャとの優勝決定戦であり、このとき26,612人が等々力競技場に集まりました。

トラック・重機買取|川崎市幸区 買取価格をグッと上げる高額売却の秘訣とは?

川崎市幸区でトラック・重機・バスなどの商用車を少しでも高額で売るなら売却先選びが重要です。商用車は買取相場が曖昧で買い取る業者によって買取価格に大きく差が出る傾向があります。

もしあなたが、トラック・重機・バスなどを高額で売りたいと考えるなら高く買取してくれる買取業者を選ぶ事が買取価格をグッと上げるコツです。

このサイトでは、トラックなどの商用車を高価買取してくれる優良なトラック買取業者を厳選して3社ご紹介していますので、まずは無料査定で買取価格を調べてみましょう。

神奈川県川崎市幸区について

幸区は、市の東部に位置する人口約17,000人の区であり、川崎区と隣接しています

川崎駅の西口に広がり、以前は東芝や明治製菓の工場が立ち並ぶ工業地帯でしたが、これらの工場が次々に撤退したことで長年更地状態となっていました。しかし 、その後の再開発によって「ラゾーナ川崎」に生まれ変わりました。

ラゾーナ川崎内の商業施設のラゾーナ川崎プラザは地上5階建てのT字型建物で、館内にはファッ ション・雑貨・カフェ・レストラン・フードコートなど様々なテナントが出店して いるほか、5階には映画館もあります。

施設南側にある「ルーファ広場」と呼ばれる オープンスペースでは、ステージやスクリーンも設置されていることからこれまで に歌手や芸能人などがコンサートを開催しており、様々なイベントにも利用されて います。

また、都市再生プロジェクトによって建設された「ミューザ川崎」には、高層オフィスビルのほかに音楽ホールのミューザ川崎シンフォニーホールがあり、様々なコンサートが開かれています。

幸区は、明治末期以降には電気・機械・食品などの巨大工場がいくつもあり、川崎界隈における産業の中心として発展していましたが、これらの巨大工場が川崎区などの臨海部へと移転していったことで閉鎖が相次ぎ、現在は商業施設や高層マンションが立ち並ぶベッドタウンへと変化と遂げています。

しかし、巨大工場が全く無くなったのではなく、キャノン・パイオニア・日立製作所・東芝など電気機器メー カーの工場が集結しており、中でも東芝・パイオニアはこの幸区に本社を構えてい ます。ほかにも、デル・日本トイザらス・三菱ふそう・不二サッシなどもこの区に 本社を構えています。

トラック・重機買取|川崎市川崎区 買取価格をグッと上げる高額売却の秘訣とは?

川崎市川崎区でトラック・重機・バスなどの商用車を少しでも高額で売るなら売却先選びが重要です。商用車は買取相場が曖昧で買い取る業者によって買取価格に大きく差が出る傾向があります。

もしあなたが、トラック・重機・バスなどを高額で売りたいと考えるなら高く買取してくれる買取業者を選ぶ事が買取価格をグッと上げるコツです。

このサイトでは、トラックなどの商用車を高価買取してくれる優良なトラック買取業者を厳選して3社ご紹介していますので、まずは無料査定で買取価格を調べてみましょう。

神奈川県川崎市川崎区について

川崎区は、市の東南を流れる多摩川の河口部と接する、人口約23万人の区です。

東京湾に接する臨海部は、東京都大田区、神奈川県川崎市・横浜市を中心に広がっている京浜工業地帯の中軸であり、区内には大手機械メーカーや電機メーカーの大規模工場や巨大石油コンビナート、製鉄所などのほか、船舶輸送の巨大倉庫などが 多数集まっており、関東地区の産業の中心を担っています。

さらに、羽田空港に隣 接する川崎港があることから港湾物流も盛んであり、船舶貿易やそれに関連する倉 庫管理業務なども発展しています。

川崎駅は、1日の平均乗車人員が約21万人にも及び、神奈川県内でも横浜市に次いで 第2位の巨大駅です。のりばは1番線~6番線まであり、1・2番線が東海道線の下り・ 上り、3・4番線が京浜東北線の南行・北行、5・6番線が南武線となっています。

駅 の東口は、2009年より再整備工事が行われエスカレーターやエレベーターの数を従 来の2倍に増やし利便性を向上させ、さらにバリアフリー化もなされています。また 、中央のタクシー・一般車の乗降スペースも広々としているので利用しやすく、街 路樹も植えられており景観も楽しめます。

2019年秋には、旧さいか屋跡地に、パル コが手掛ける低層商業施設「ゼロゲート」の出店も決定しており、今後さらに賑わ いを見せていくことが予想されます。

川崎区には、川崎大師という名で知られている「平間寺(へいけんじ)」がありま す。このお寺は真言宗智山派の大本山であり、1128年に建立されました。

本尊は厄 除弘法大師であり、古くから地元の人たちより「厄除けのお大師さま」として親し まれており、正月の三が日には毎年約260万人以上の参拝者が訪れています。

おすすめ観光スポットは、仲見世通り入口からお大師さまの大山門まで続く仲見世 通りで、約150mの間に27件のお店が並んでおり賑わいを見せています。