トラック買取専門業者 高価買取の理由は?

トラック買取業者の買取価格と、ディーラーの下取り価格を比較した場合、その差額が30万円以上になることもそれほど珍しくないそうです。

同じトラックなのにどうしてこんなにも差額が大きいのでしょうか?コチラではその理由についてご説明します。

トラック買取業者 高価買取のワケ
その①豊富な販売先を保有

トラック買取業者がトラックをディーラーの下取り価格より、かなり高い価格で買取りできる一番の理由はルーです。

トラック買取業者は国内の個人・法人はもちろん、海外のあらゆる国々に販売ルートを持っています。

現在、海外の発展途上国では日本の中古トラックが大人気だそうです。その理由は日本製のトラックが丈夫で壊れにくいからです。また新しい高年式のトラックに比べると、古いトラックは造りが単純で整備がしやすいことから特に人気だそうです。

そのため、日本では買取を敬遠されるような低年式・過走行の古いボロボロのトラックでも海外ではまだまだ現役で走っています。そういったトラックでも必要とされるのです。

トラック買取業者は、そういった日本の古いトラックを必要としてくれる海外の国々に輸出することで買取りを可能にしています。

トラック買取業者 高価買取のワケ
その②買取相場を徹底リサーチ

トラックの買取相場は日々変化しています。

トラック買取業者はその相場をリアルタイムでチェックすることで買い取った車両を最高評価の市場に再販します。

買取相場を徹底リサーチすることで、「どの形状のトラックがどこの市場で高評価になるか?」をしっかり把握しています

トラック買取業者 高価買取のワケ
その③自社店舗での販売

トラック買取業者の中には、自社の販売店を展開している業者もあります。

買取した車両を、自社店舗でお客さんに直接販売することで、代理店等の中間業者を挟むことなく直接販売することが出来ますので、余分なマージンの発生を抑え、高価買取を可能にしています。

ディーラーが高く
買取出来ない理由

ディーラーは新車を売るのが専門ですので買取に関しては得意ではありません。

得意でない理由は販売ルートが限られている点が大きいです。

トラック買取業者とは対照的に販売ルートが限られているディーラーは高く再販することができないため、自社が損をしない安全な価格でしか買取できないのです。

 

 

トラックを売る時に必要な書類

「トラックを売るぞ!」と決めたら、売却先を決めると同時に売却に必要な書類も確認しておくことをおすすめします。

売却に必要な書類を準備しておくことで、売却時の取引が非常にスムーズに進みますし、もし、足りない書類があった場合は事前に準備できます。

なお、このページでご案内する売却に必要な書類は、売却する車両の所有者があなた自身の場合のモノです。ローン返済中などで所有者があなたでない場合は、トラックの所有権解除が必要になりますのでご注意ください。

トラック売却に必要な
書類一覧と説明

トラック売却時には以下の書類が必要です。

  • 自動車検査証
  • 自動車賠償責任保険証明書(自賠責保険)
  • 印鑑登録証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 自動車税納税証明書

この中で、自動車検査証・自動車賠償責任保険証明書・自動車税納税証明書に関しては車のダッシュボードに保管している方がほとんどだと思いますので確認しておきましょう。

特に自動車税納税証明書は紛失する方がいらっしゃるので確認してない場合は再発行しておきましょう。自動車税納税証明書を紛失してしまった場合は、あなたがお住まいの地域を管轄している都道府県税事務所で再発行ができます。

譲渡証明書と委任状は売却する業者側で用意してくれることがほとんどですが、それぞれの書類に押印する印鑑が実印であることを証明するために印鑑登録証明書が必要です。印鑑登録証明書は発行後3か月以内のモノである必要がありますので注意してください。

トラック売却に
必要な書類その他

トラック売却時に必要な書類は、先程、申し上げた通りトラックの名義等によっても異なります。

また自動車検査証に記載されている住所が変わっている場合、相続したトラックを売る場合など、そのトラックの所有者などによって異なりますので、売却先が決まった地点で早めに書類の確認をしておきましょう。

当サイトでご紹介しているトラックファイブ・トラック王国・関東トラック販売は書類手続きに関しても新設・丁寧に説明してくれますので安心です。